Connecting...

ブログ

良質なレジュメとして際立つためには

17 Apr 08:00 by リー マクレラン

W1siziisijiwmtcvmtevmjavmdcvmjcvmzqvndcyl3jlc3vtzxmtodawedq1mhb4lnbuzyjdlfsiccisinrodw1iiiwiodawedq1mcmixv0

1. 良いレジュメは正確で要領を得ている

現在の職務と事務分掌を、事実と実績に基づいて簡潔に記載しましょう。長々と書くことは逆効果になります。– 経験を積んだ人々は様々な業務の詳細を理解しています。見出し文程度にまとめれば充分です。

2. 社内の略語や専門用語を使わない

どの企業も、独特の略語や専門用語を使用するのが普通ですが、外部の人間にとっては意味不明となることがよくあります。略語はスペルアウトし、その企業特有の専門用語は避けましょう。

3. 最新の業績・職歴を集中的に記載する

一般的に、過去の役割はあなたの現状をほとんど反映していません。現職における役割であなたは評価され、次の職務へと導かれます。ですから、最新の業績に焦点を絞りましょう。過去の職務については各1行ずつ、最も顕著な業績と役割、責任範囲を記述すればキャリアの深度や方向性を示すには充分です。

4. 最新の学歴および資格のみを記載する

過去の職歴同様、あなたが有する最上級の資格以外はほとんど影響力がなく記載してもあまり意味がありません。

5. 趣味と関心については自分自身が語れる、また語りたいものだけを記載す

通常面接担当者が趣味と関心について語るのは、類似の分野に興味がある時か、会話のきっかけとして利用する時だけです。不用意にこの項目を履歴書に盛り込まないようにしましょう。その分野に非常に造詣の深い人物から話しかけられるリスクがあります。

6. 良質なレジュメは短い

あなたの年齢、最新の職務とこれまでの実績は、次の職務へ挑戦する能力を判断する上での良いヒントになるでしょう。統計的に過去の業績は、次の職務に就いた時の成果を予測できる材料になります。採用担当者が1~2ページのレジュメからあなたの業績を正確に見る事が出来れば、採否の決定を下すことができるでしょう。それ以上詳しい内容を求められるケースはほとんどなく、必要であれば面接時に話題として採り上げられるでしょう。

最後に、あなたの業績および応募する職務に興味を抱いた理由をまとめた適切なカバーレターがあれば、採用担当者によりいい印象を与えることでしょう。

スペシャライズド グループは、転職活動支援の一環として、適確なレジュメとカバーレターの作成をお手伝いいたします。