Connecting...

転職者インタビュー ダニエル ビッグス

今後更なるサービス向上の一環として、当社社員であるダニエル ビッグスはニキータ リータさんとの候補者面接を実施しました。ダニエルが担当したニキータ リーさんは人事マネジャーとしての採用が決まりました。


質問1 これまでの貴方のご経歴について簡単にお教えください。


大学卒業後、大手自動車会社の製造工場の人事部として働き始めました。大学生時代にはFMCGのグローバル企業で4ヶ月インターンシップをしていました。工場でのいちばん最初の仕事では、人事関連のプロセスが日本の労働基準法に沿って遂行されているかを確認する作業や、外国人技術研修生の大規模な雇用プロジェクトに携わりました。そこで2年間勤務した後グローバル本社へ異動となり、給与・福利厚生を管理し、2000人ほどの海外駐在員の赴任を担当しました。頻繁に出張もありましたし、6ヶ月間アメリカに滞在してグローバルカウンターパートと共に大きなプロジェクトに従事したこともありました。


質問2 今回のご転職のきっかけについてお教えください。


しばらく停滞した状況が続いているなと感じていたのと、より自分を高めキャリアアップにつながるような新たなチャレンジの機会を求めていました。私の強みはオペレーション管理であるとわかっていたので同様のポジションを積極的に探していました。人生は常に学び続けていくものであると思うので、常に新しいチャレンジにはアンテナを張るようにしています。


質問3 今回、スペシャライズドグループから紹介された企業へのご転職を決意された理由や決め手についてお教えください。


前々からスペシャライズドグループの案件はいいなと思っていましたし、そういった会社とお付き合いができることはとても嬉しいです。従業員と企業の関係性においてのスペシャライズドグループの信条は特に立派だと思いますし、次の職場ではこれまでに得た知識やスキルを活かしながらそういったビジョンを実現することができると思っています。また、新しい環境の中では日々の業務でもっとクリエイティブになることができると確信しております。


質問4 転職するにあたっての不安はありましたか?もし不安があれば、その不安は最終的にどのような形で払拭されていったのでしょうか?


転職は初めてのことでしたので、新しい職場でのキャリアアップや将来性についてなど、もちろん心配はありました。そして福利厚生に関しても、いちばんはじめはどういったものなのかわからなかったので不安はありました。ありがたいことに、担当コンサルタントのダニエルがそういった必要な情報を全て提供してくれたので、ワクワクしながら新しい仕事を始めることができました。


質問5 弊社の転職支援サービスについてどう思われましたか?


サービスには非常に満足しています。特にダニエルは私が必要としているものを時間をかけて理解し、私自身の好みや強みを活かす内容の推薦状を作ってくださいました。どんな質問にも迅速に答えてくれましたし、全体プロセスの管理をプロとしてご対応してくださいました。


質問6 現在、転職活動中である他の方々へのメッセージやアドバイスなどがございましたらお願い致します?

自分の長所・短所を分析すること、具体的なキャリアアッププランと個人的なウィッシュリストを作ることに時間を費やせば、自分にとって最適な役割が何かよくわかるようになります。いちばん最初の推薦やオファーを選ぶことにプレッシャーを感じることはありません。コンサルタントと自分が期待することを話し合えば、ぴったりの仕事を見つけるサポートをしてくれます。

Contact Daniel Biggs