転職までのプロセス

転職をする事は、誰にとっても勇気のいる決断です。リスクの伴う転職は、不安がつきまといストレスの原因にもなります。人材コンサルティングサービスで正確なマーケット情報や適切なアドバイスを受ける事でそのような不安は解消されるはずです。スペシャライズドグループが提供する様々なサービスが求職者の転職を全面的にサポートいたします。是非ご利用ください。

トピックをクリックするとさらに詳しい情報がご覧いただけます。

  •  ミーティングを設定
    • 転職へのプロセスで一番重要なステップは、求職者本人にお会いしてミーティングをすることです。まずは、このサイトからもしくはお電話にてスペシャライズドグループにコンタクトを取り、ご都合の良い日にちをお知らせください。ミーティングの設定をさせていただきます。

      転職活動を始める最初のステップとしてレジュメ(履歴書)のアドバイスをご覧ください

  • 2 最初のミーティング
    • このミーティングこそが求職者とコンサルタントとのコミュニケーションの第一歩となります。まず、専門のコンサルタントと30分から1時間程度の面接を行い、求職者の希望や職種、優先したい事柄や長期的なキャリアゴール、さらには転職プロセスのスケジュール、目標達成の為の計画などについて話し合っていきます。次に、最新のマーケット情報や興味がありそうな案件などについて、スペシャライズドグループが責任を持って紹介させていただきます。

  • 3 転職先候補検索
    • 既存の案件の中から求職者に最適な転職先候補をご紹介するだけでなく、弊社では特定の企業のマネージャーと直接コンタクトをとり、求職者のスキルや経験がその企業で生かせるかどうかもご相談致します。求職者へは、最新のマーケット情報が入り次第、フィードバックを致します。

  • 4 企業へのコンタクト
    • 求職者がご興味のある企業が見つかりましたら、スペシャライズドグループは企業へコンタクトをとり、面接のアポイントをとります。同時に求職者には履歴書の作成や面接のスケジュール調整のアドバイス、予備面接なども行います。

  • 5 面接
    • 面接は、求職者にとって新しい職場とそこで働く人たちを知る事が出来る良い機会ですが、企業にとっても求職者の事を深く知り得る場になりますので、求職者の質問の数だけ企業からも質問されると思ってください。この場面こそ、コンサルタントとの予備面接が生かされてくるはずです。

      面接後は、企業側からの面接の印象や次のステップを求職者に迅速に伝えることで、転職プロセスをより円滑に進めるお手伝いをします。

      また、求職者が感じた企業の印象や不安・質問などは、コンサルタントが即座にお答えしアドバイスを受けることが出来ます。また、その企業が求職者の長期的なキャリアゴールに合致しているかどうかも相談させていただきます。

      面接を重ねるにつれ、求職者と企業との理解は深まります。スペシャライズドグループの役目としましては、求職者と企業のマネージャーとの認識が本当に共通しているかどうかを確認する事にあります。また、求職者が決断するために必要な情報を、全て提供しているかを確認します。

      面接に関するご質問、アドバイスは面接の鉄則ご覧ください

  • 6 求職者のご決断
    • 各企業との面接を通して、それぞれの場での求職者の役割をはっきりと理解した上でじっくり話し合い、最も適した仕事はどれかを判断します。そして、どの企業と交渉への段階へ進みたいかを確認致します。スペシャライズドグループは求職者が望むベストな条件を獲得できるよう企業側に精力的に働きかけます。

  • 7 契約交渉
    • 条件面の交渉でも、スペシャライズドグループが求職者に具体的なアドバイスとサポートを致します。求職者と企業との間に認識の相違がないか最終的に十分確認し、双方が納得した上での契約となります。

  • 8 契約成立とその後
    • 弊社のサービスをご利用頂き、転職に成功した方々とは入社後も長期的な信頼関係を保って行きたいと考えております。今度は採用する側として弊社のサービスを利用される方も珍しくありません。